よくわかるお中元・お歳暮

お中元・お歳暮について

お世話になった人に心を込めて贈り物をする。社会人になれば、お中元やお歳暮は常識のように思われていることが多いです。昔は、贈り物をする習慣はなかったようなのですが、百貨店などが広めたことによって今に定着しています。どちらにせよ、贈り物をされた側は大変嬉しい気持ちになるので、お中元・お歳暮の習慣は大切なことです。

Producing Map(全国の産地マップご紹介)

お中元とは?
6月中旬から8月上旬にかけて最もピークになるのがお中元にあたります。お中元は夏のお盆までの間に、お世話になった方に向けて感謝の気持ちを贈り物と一緒に届ける習慣です。
社会人になった際には、上司の方や会社関係でお世話になった方に贈り物を行います。
お歳暮とは?
11月中旬から12月中旬にかけて最もピークになるのがお歳暮にあたります。お歳暮は暮れにお世話になった方に歳暮周りをして贈り物を行います。
年末の書き入れ時に行われるため、お歳暮商戦といったように、百貨店やデパートなどが力を入れて商品を売り出します。
水引とお祝い

心を込めて贈る
お中元に贈られる商品は?
夏頃にかけて行われるお中元は、夏の暑さを和らげるための冷たい物が人気商品です。例として挙げると、冷やしうどん、そうめんなどの麺類、ビールや冷酒のようなお酒類、マンゴーなどのフルーツ類です。ハムのような加工品も腐りにくいため人気です。
お歳暮に贈られる商品は
年末に行われるお歳暮は、新鮮なものを運びやすいため、魚介類が多いです。例として挙げると、タラバガニ、ホタテ貝、牡蠣、イクラ、ウニなどの海産物が高級感もあり、時期的に美味しいと評判なため人気です。